2月18日(土曜日) 宮台さんの連続講座 第4回

  • 2017.02.18 Saturday
  • 18:09

 

 昨日の土曜日は町田の鶴川で『お・は』「宮台真司:男親の社会学」連載のための公開取材という連続講座。30人ほどの若い人から初老(笑)まで、男性もたくさんでもりあがった。

 

 事前30分の打ち合わせで「今日はどうしましょう」と宮台真司さんと聞き手の尹雄大さんで話し合う。と言っても聞き手である尹さんが一番の大変。ぼくは司会だし、適当に口を挟むだけなので気がラク……と言うと尹さんに叱られるか。

 

 宮台さんの話は「難しくおもしろい」と言われる。宮台さんの思考スピードについて行く快感もあるが、そのときメモした言葉で、自分の創造力でまた考えるのも楽しい。

 

 今回は、「風景の違いを想像する力」ということが宮台さんから出された。つまり、政策の一つ一つにしろ、論議する中で出てくる意見や企画について、それが街の景色をどう変えるか、あるいは、自分の立ち位置をどう変えていくかを想像できることが重要で、今のようなトランプ現象を支える意識にはこの「想像する力の消失」つまり「劣化」があるのだということだ。それを加速化させているのが、メディア操作だ。

 

 もう一つ、「昭和の家父長制大好きオヤジ」は結局、男に絶望した妻や娘が育ててしまったのではないかという話。これは、確かにそうだよなあと思った。

 

 この講座の詳細は『ち・お』や『お・は』の定期購読の人に特別サービスとして配布される。そのことを知りたい人はジャパンマシニストにご連絡を→営業になりました。

 

 この公開講座の後、何人かの参加者とお茶を飲みました。いろいろと質問したり、されたりして楽しく過ごしました。しかし、それに参加していた一人のお父さんに、淡々と家事や育児をしつつ連れ合いとの関係も構築するという「力強」さを感じました。

  • 0
    • -
    • -
    • -

    スポンサーサイト

    • 2018.08.10 Friday
    • 18:09
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>

      selected entries

      archives

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM